ビットコインの情報サイトの運営者ブログ

サイトには掲載していない仮想通貨に関する時事的な情報や個人的な感想など。中級者以上向け。

ビットコイン

Segwitアドレスについて復習

segwit2xやらがそろそろ目前?になってきたようですが、先月先々月あたりからまだ全然情報を追えていないのでとりあえず復習シリーズ。 segwitがアクティベートされたのはずいぶん昔に感じてしまう方もいるかもしれませんが、8月24日、まだ1か月半程度で対応…

技術に興味がある上級者向けの情報収集法~ビットコインはここが面白い

先月から今月にかけてBitcoin Cash誕生、Segwit実装、中国(+韓国)のICO・取引所規制、・・・と様々なニュースがありました。しかし、正直なところニュースの見出しを読むくらいで全然情報は追えておらず、こちらが教えてほしいくらいなので今日は時事とは…

Bitcoin Cashの状況とウォレット対応のまとめ

日本時間の8月2日午前3時過ぎに1MBを超えるBitcoin Cashのブロック#478559が採掘され、ビットコインからビットコインキャッシュが分岐しました。 どうなるかまだまだ不安定な状況であり、サイトに乗せるにはまだちょっと厳しいのでブログに状況をまとめてお…

Segwit/フォーク問題の簡単なまとめと私見

もう何か月も前から盛り上がってるタイトルの話題。非常に多くの日本語記事がでているため、このブログでは完全スルーしようか迷いましたが、他に今月書ける記事のネタもなさそうなので今更な話も含めて書いていきます。 記事自体はなるべく網羅的に書きます…

Electrumサーバーを建ててみた

以前作成したビットコインのフルノード機にElectrumサーバーをインストールしてみたので、万人向けではありませんが、その記事を書きたいと思います。 Electrumサーバーについて Electrumはビットコインの代表的なデスクトップウォレットの一つで、現在はAnd…

Segwit有効化に向けて前進する?ASICBOOSTとその対策提案について

次の記事は久しぶりにアルトコイン系のものを書こうと思っていたのですが、なかなか調べるのが進まないので、引き続きビットコインの話題です。 内容は数日前から話題になっているASICBOOSTについて。Bitcoin Unlimitedとかスケーラビリティの話はExtension …

Bitcoin UnlimitedとCoreの対立について

ビットコインのETFが非承認になって、とりあえずしばらくの間はスケーラビリティ問題に話題が移りそうです。ということで、Bitcoin UnlmitedとCoreの対立についての簡単なまとめと私見を書いておきます。 Bitcoin Unlimited Bitcoin Unlimitedとは、ビットコ…

トランザクションがなかなか確認されないときの4つの解決策

ここ数日メモリプール(未確認トランザクション)の総サイズが60MB(blockchain.infoより)を超え過去最高レベルの混雑度になっています。ということで、手数料不足でトランザクションがなかなか確認されないときの解決法が、日本語サイト・ブログで意外と見つ…

シングルボードコンピュータでビットコインのフルノードを構築してみた

一つ前の記事でも少し触れましたが、ビットコインのフルノードをシングルボードコンピュータで構築してみたので、その手順を書きたいと思います。シングルボードコンピュータとはRaspberry Piに代表される超小型コンピュータのことです。 なお、今回のノード…

ビットコインのフルノードとは?定義と役割・メリット

今更と言えば今更な内容ですが、最近シングルボードコンピュータを使ってビットコインのフルノードを立ち上げ始めたので、そのレポート記事を書く前に一本解説記事を書いておきます。 定義と役割 定義というのは変わるもので、「フルノード」の定義について…

ビットコインの取引手数料の仕様を詳しくまとめてみる

ネットワークの混雑でビットコインの取引手数料について改めて考えることが多いので、仕様についてまとめることにしました。手数料周りの仕様は意外と頻繁に変わっており、改めて調べるまで個人的に勘違いというか知識が古いものもありました。この記事の情…

ビットコイン価格を計量分析して各種価格データとの相関関係を考察してみた

最近の話題といえばやはりビットコインの価格でしょう。価格予想でも書ければ面白いのですが、トレーダーでも投資家でもない私としては皆目見当がつかないので、中々探しても見つからないビットコインの価格データの計量分析を自分でやってみることにしまし…

UTXOと残高の話(ビットコインとイーサリアムの台帳管理システムの根本的違い)

久しぶりの更新。時事ネタではなくあまり面白い内容でもないかもしれませんが、書きかけだったので今年中に投稿しておきます。 今回は主に「UTXO」という単語について解説してみたいと思います。ビットコインについて多少勉強したことがある人ならだれでも耳…

仮想通貨関連の情報源まとめ(ビットコインデータ編)

かなり前にまとめリンク集のような記事を書きましたが、続きを書いていないことを思い出したので今回はビットコインのデータ関連で有益と思われるサイトについてまとめたいと思います。 意外とこういうリンク集を乗っけているところがあまりないので、いずれ…

Segwitとソフトフォークについて考える

当ブログではSegwitに関する記事をいくつか(解説、発展)書いてきたわけですが、そのSegwitの有効化のためのマイナーの投票がそろそろ始まろうとしています。これまでもビットコインでは、同様の手順を経て何回かソフトフォークが実行されてきましたが、こ…

Electrum2.7系で実装されたビットコインの「opt-in RBF」とは何か

最近はSegwitやら価格上昇やらZcashやらが話題になっているようですが、中でも最も実利用に影響が出ているのが、ビットコインネットワークの混雑が原因の必要取引手数料の上昇です。しばらく前に普通に送れた取引手数料ではなかなか承認・確認されず、数十円…

Segwitの次の可能性(シュノア署名・MAST)

最新バージョンのBitcoin Coreに組み込まれ、次バージョンには有効化かと思われるSegwitですが、トランザクション展性やスケーラビリティ問題への対策だけではなく、新技術の実装が容易になるという大きなメリットもあると言われています。 これは、分離され…

bitcoin.orgに警告文が掲載、Bitcoin Coreが改ざんされていないか検証する方法

ビットコインの公式クライアントであるBitcoin Coreの新バージョン0.13.0が数時間前にリリースされました。このバージョンではSegwitのコードが初めて含まれることとなりますが、コードが含まれているだけでまだ有効化はされていないので、実質的なSegwitの…

半減期後にビットコインの価格が下落してマイナーの採算が取れなくなったらどうなる?

先日、香港の大手取引所Bitfinexのハッキング事件によってビットコインの価格が大きく下落しました。この件はこの件でいろいろと興味深いものの、情報が錯綜している部分もあるのでしばらく様子を見たいと思います。 今回は、収入が25BTC/ブロックから12.5BT…

ビットコインウォレットのパスフレーズの互換性の話(簡単なHDウォレットの仕組み)

普段あまり使っていないので気が付きませんでしたが、最近Blockchain.infoがリニューアルしてHDウォレットになったようです。新しいウォレットでは、複数のアドレスを簡単に使い分けられるようになり、バックアップも1回とっておくだけで良くなりました。 恐…

Myceliumの大型アップデート計画とクラウドセールについて

最も人気の高いビットコインのAndroid用ウォレットの一つであるMyceliumのトークンのクラウドセール(資金調達)が5月2日からはじまる予定です。昨日4月30日には、Slock.it(The DAO)のクラウドセールも始まったようで、そちらの記事のほうが需要があって短…

Segwitとは何か?

最近話題のSegwitとは何なのでしょうか?一言でいってしまえば、ビットコインの取引データ内に従来含まれていた署名を分離して別の領域に格納する、ということなのですが少しだけ細かく説明してみたいと思います。 前提知識 Segwitについて理解するには、ビ…

Microsoft AzureのBlockchain as a Service(BaaS)を少しだけ触ってみた話

少し前にマイクロソフトのBaaSに採用されると必ずその仮想通貨の価格が上がる!という現象が起こっていました。BaaSというのは、クラウドサーバー(Microsoft Azure)上でブロックチェーン(仮想通貨)を簡単に扱えるプラットフォームである、というような曖…

スケーラビリティ問題に関するよくある誤解

最近、ビットコインのスケーラビリティ問題の対策の一つであるSegWitがそろそろ実装されそうだという情報が流れています。そこでスケーラビリティ問題に関するよくある誤解について改めて書いてみたいと思います。 スケーラビリティ問題とは? そもそもスケ…

【息抜き記事】ビットコインに惹きつけられる4つの魅力と「布教」の難しさ

ビットコインには大体4つぐらい魅力があると思います。 1.価格が大きく上がる(下がる) ビットコインは価格が大きく変化するので投機対象として魅力があります。実際に私も2011年のプチビットコインバブルで存在を知り、2013年末の大暴騰をきっかけに本…

仮想通貨関連の情報源まとめ(全般/最新情報・英語ソース)

現在ではビットコインやその他仮想通貨関連の日本語サイトが多くありますが、サイトの開設当時はほとんど皆無といって良い状況だったため、すべて英語ソースから情報を取得するしかありませんでした。今でも基本的には情報量豊富でより正確だと思われる英語…