読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインの情報サイトの運営者ブログ

サイトには掲載していない仮想通貨に関する時事的な情報や個人的な感想など。中級者以上向け。

ArdorことNxt2.0について改めてまとめてみる

Nxt

先日、Nxt2.0について紹介した記事を書きましたが、改めてArdorという名前に改名されて発表されました。snapshotの開始日が7月14日に迫っており、内容がわかりづらいこともあるので改めてまとめてみたいと思います。

Ardorとしての発表後も基本的な内容は変わっていないので、概要は前回の記事を参照してください。前回と一部内容が被ってしまいますが、改めて以下にまとめておきます。

改名について

Nxt2.0はArdor、メインチェーンのトークン(仮想通貨)はFXTからARDRという名前に変更されました。

Ardorのトークンは、現在のNxt1.0の基軸通貨であるNXTを保有していることにより配布されます。Ardorの関連トークンはメインチェーンのARDR、最初の子チェーン(サイドチェーン)のFNX(仮称?)の二つです。うちARDRについては、7月14日(870,400ブロック目)から10月12日(1,000,000ブロック目)にかけてのsnapshotに基づき配布されます。

①snapshotによるARDRの配布

7月14日から10月12日にかけて各アドレス・アカウントに保有しているNXTの残高が記録されます。この記録は1時間に1回とられ3ヶ月の期間の平均の残高に基づきARDRが配布されます。つまり、NXTの総発行量とARDRの総発行量は原則として等しくなります。ただし、分散型取引所上に注文に出しているNXTなど、自由に送受信できない状態のNXTはカウントされないので、実際はもう少し少なくなります。

例えば、snapshotからちょうど半分の期間(8月末ごろ)だけ10,000NXTをアドレスAに保有していたとして、残りの期間はどこかに送金するなどして残高0だった場合は、アドレスAに5,000NXT=5,000ARDRが配布されることになります。

配布はsnapshot期間の終了後すぐにNxt1.0上のトークンARDRとして配布されます。Nxt1.0上のARDRトークンは配布後すぐに、自由に他人へ送受信したりNxt上の分散型取引所で売買を行うことができます。

最終的にArdorのブロックチェーンのスタート時に保有していたNxt1.0上のARDRトークンに応じて、実際のArdor上のARDRが配布されるということになります。

ちなみにウォレットについては公式ウォレットであるNRSがベストですが、ウェブウォレットであるmynxt.infoも対応しているようです。取引所は取引所ごとに対応というかたちになりますが、いずれにしても3ヶ月間取引所に保有し続けるというのはいろいろとリスクがある気がするので、できれば自分のウォレットに引き出しておいた方がいいでしょう。

②FNXの配布

最初のサイドチェーンのトークンであるFNXはArdorのスタート時に保有しているNXTに応じて配布されます。配布レートは1NXT=0.5FNXとなります。

ARDRについては全量がsnapshotにより配布されますが、FNXについては半分がNXTの保有量に応じて配布されます。残りの半分のFNXの配布方法は未定ですが、ICOなど開発者の資金調達を兼ねて配布されることが予定されています。

③Nxt1.0はそのまま残る

Ardorのブロックチェーンが立ち上った後も、Nxt1.0のブロックチェーンは変わらずに残り続けることになります。そのため、基軸通貨であるNXTもそのまま残り続けます。

まとめ(NXTの価格推移の予測)

つまり、1NXTをずっと保有し続けていると、1ARDR、0.5FNX、1NXTをArdorのスタート時には保有していることになります。

正直なところNXT(Nxt1.0)の存在価値はNxt2.0後はほとんどなくなる可能性が考えられ、無価値になってしまうリスクが高いです。NXTを大量に保有している方は今後の価格推移に注意しておいた方がいいでしょう。外れる可能性もありますが、以下誰にでも簡単に予測できるNXTの価格推移でNxt2.0スタートまでの流れをまとめて終わりたいと思います。

(1)snapshot期間前(~7/14)

snapshot前にNXTの需要が増し、買い集められるので価格が上昇すると思われます。実際に7月現在の時点で1か月前の3倍もの値段になってしまっています。

(2)snapshot期間中(7/14~10/12)

snapshot期間中はNXT残高を保つ必要があるので、ほぼ横ばいになると考えられます。ただし、snapshot直後の暴落が簡単に予測できるので、高いうちに売り抜けようと徐々に下落傾向となる可能性も予想されます。

(3)snapshot終了直後(10/12~)

ARDRの配布が終わった後は暴落する可能性が高いと思われます。暴落は誰にでも予測できることなので実際は終了直前に一気に下がるかもしれません。

(4)Ardorスタート直前(来年後半)

NXTがFNXの配布に利用されるので、再び需要が高まり価格が上昇すると思われます。

(5)Ardorスタート後

NXTの存在価値がほぼなくなり大暴落する可能性が高いです。