読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインの情報サイトの運営者ブログ

サイトには掲載していない仮想通貨に関する時事的な情報や個人的な感想など。中級者以上向け。

The DAO事件の続々報、Ethereumのソフトフォークのコードに脆弱性が発見され先行き不透明に

前回の記事で書いたようにマイニングプールのほとんどがソフトフォークを支持し、Ethereumのソフトフォークが行われるのは確実な状況でしたが、そのコードにDoS攻撃に対する脆弱性が発見されたようです。

現在では各マイニングプールも新バージョンの採用をとりやめており、ソフトフォークの実行は見送られることになりそうです。

今回の脆弱性はソフトフォークのコードの基本設計自体に問題があるので、全く一から設計し直さなければならず、少なくとも今すぐ修正して公開し直すのは無理で、今後脆弱性なしにソフトフォークによるThe DAOの資産凍結を行えるのかどうかも不透明な状況です。

ソフトフォークが無理と分かれば、いきなりハードフォークということもあり得るかもしれませんが、ハードフォークの具体的な内容やコードはまだリリースされていません。

いずれにせよ7月14日には、DAO作成後の27日間の制限が解除されることになるので、その日までに何らかの対策がEthereumの開発チームから発表されることになると思います。

追記:実際に攻撃者がETHを引き出せるのには27日間+14日間が必要で7月28日頃になるようです。コミュニティはハードフォークを実施する方向ですが、実際にハードフォークが行われるなどの対策が行われてから記事を書く予定です。